« 練習三昧 | トップページ | 今年ラストの七五三お支度 »

大切に

この お着物



仕事でお世話になっていた美容室の先生が、

「良かったら着てちょうだい」

と、くださったのが5年前位です。


その時は色が違い、

蘇おう色

(おさえ目なピンク色と言えるかな…)

でした。


もう私もピンク色を着る年代ではないけどな…と思いましたが、

お着物を見た時に、

地模様がとても素敵で、

これは染め替えて着させてもらおうと、

喜んで戴いたのでした。


洗い張り

      ↓
反物に戻したものを染め替え

      ↓
私の寸法に仕立て直し
(少し着丈が足らなかったので、胴つぎもしてもらいました)


何年も寝かせながら、ゆっくりとこの行程をすすめ、

この度、仕立て上がって来ましたよ。

仕立ては、もう何年も着付け教室をさせていただいている和裁の会社へ依頼しました。


先日、今年度の教室がはじまり、

お礼の気持ちも込めてこの着物で伺いました。


そうしたら、

久し振りにお会いした和裁士さんたちの中のお一人が、

「それ私が縫いました。

自分が仕立てた着物を着ていただいているところを見ることは無かったので、

嬉しいです。」


と、満面の笑みでした。

彼女は一級和裁士で、数々の賞もとっている人。


私の方こそ 嬉しくなって、お礼を言った次第です。


たくさんの着物が、着られる事無く年月を経てしまうのをよく聞きます。

でも中には、

こんな行程を経て、

携わった人々の気持ちをも染めや縫いに込められて、

甦るものも有るのです。


私はこれから大切に、

何度も何度も着ようと思っています。
















« 練習三昧 | トップページ | 今年ラストの七五三お支度 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548397/62717989

この記事へのトラックバック一覧です: 大切に:

« 練習三昧 | トップページ | 今年ラストの七五三お支度 »

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ