« Tちゃん有難う | トップページ | 補整作ってみました »

きもの学院 大学講座

きもの学院 大学講座
きもの学院 大学講座
一昨日の土曜日は、私が学んだきもの学院の大学講座が有りました。

以前は冬季と夏期の年二回の頃も有りましたが、現在は夏期のみとなり、
それでも第71回目となる伝統ある講座です。

内容は…、

まずは会長先生の「女性の最高仕合わせ人生の秘訣」というお話から。
ご高齢になられ以前のようなお話のテンポの良さは少し無くなりましたが(失礼なことすいません)、
そのぶん頑張り続けられているお姿は大変感銘をお受けいたしました。

次の礼法講座は、「式三献」について。
元旦の行事や昭和初期の結婚式において学びました。
礼法の先生方の美しい立ち居振舞い、素晴らしいです。
昨年に続き今回も、講座内容の再現場面の出演者として声を掛けていただき、大変勉強になりました。

着装講座は、「文学で綴るきものの歴史②」として、前回の「竹取物語」に続き、史書「吾妻鏡」やさまざまな物語を通して牛若丸やその周辺の装い,文化,心を学びましたよ。
この講座の再現場面出演者の中の三名が、今助手でお世話になっている専門学校の生徒さんだったのも、楽屋では楽しい時間でした。メイクの勉強をしている子たちなので、私の舞台用のメイクをやって貰いました。
さすがでした。

最後は外来講師の方の講座で、
山口県柳井市の般若寺第90代住職福島弘昭先生の「山寺でみえた日本人のわすれもの」と題したお話で心が洗われるようでした。
一度、二月の火渡り式の行事の時に行ってみたくなりましたよ。

さて、お手伝いさせていただいた役どころ、反省点はあれこれ有りますが、まずは無事大きな失敗がなくほっとしているのが、本当のところです。

写真は上から、着装講座のもの、
下二枚は礼法講座の出演者の方と楽屋にて撮りましたよ。

« Tちゃん有難う | トップページ | 補整作ってみました »

コメント

写真はririkoさんだとは解らんかったよheart04
夜でよければ練習に付き合うよclover

yururiさんへ
コメントありがとう(*^o^*)
私よりもっと忙しいyururiさん
気持ちだけありがたく戴いておくよ(^_^)9月にでも 会いましょう
夜の方が都合良ければ、夕食でも食べに行きましょ(*^o^*)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548397/52360605

この記事へのトラックバック一覧です: きもの学院 大学講座:

» ケノーベルからリンクのご案内(2011/08/01 08:53) [ケノーベル エージェント]
柳井市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。 [続きを読む]

« Tちゃん有難う | トップページ | 補整作ってみました »

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ